9月 「心の月」

Letter September "Moon of the heart"

今年の中秋の名月は9月21日。まもなくですね。その昔、日本では月の満ち欠けと太陽の動きを基に作られた太陰太陽暦という暦、いわゆる旧暦が一般的でした。旧暦では7月、8月、9月が秋とされ、その真ん中である8月15日を「中秋」と呼び、その晩に昇る月のことを「中秋の月」と言ったそうです。


今年は美しい名月を愛でることができるでしょうか。さて、月にまつわる言葉はたくさんあります。皆さんは「心の月」と書いて「心月(しんげつ)」という言葉をご存知ですか?悟りを開いた心、清く明るい心をあらわす言葉です。平安時代の歌人は、「不安や悲しみで心が曇りそうになった夜は月を見上げる」という和歌を詠みました。澄んだ美しい月は、今も昔も変わることなく、私たちの心に清らかな光を届けてくれます。


The harvest moon of this year is September 21st. It will be soon. A long time ago, in Japan, the lunisolar calendar, the so-called lunar calendar, which was created based on the phases of the moon and the movement of the sun, was common. According to the lunar calendar, July, August, and September are autumn, and August 15th, which is in the middle of it, is called "Mid-Autumn", and the month that rises that night is called "Mid-Autumn Month". Can you enjoy the beautiful moon this year? Well, there are many words about the moon. Do you know the word "Shingetsu" written as "Moon of the heart "? It is a word that expresses an enlightened heart and a pure and bright heart. The poet of the Heian period wrote a waka poem, "Look up at the moon at night when your heart is cloudy due to anxiety and sadness." The clear and beautiful moon delivers pure light to our hearts, as it has always been.



今月の一言


迷いや苦しみを経験するからこそ、人は成長できます。

仏さまは時として、大自然や人を通して私たちに足りないことを教えてくれます。

それは、時として、自分の心に痛い言葉もありますが、

真摯な姿勢でもって、心の中で受け止めることにより、

まだ出会ったことがない自分と出会うことができます。


塩沼亮潤「心を込めて生きる」より


[Monthly Word]

People can grow because they experience hesitation and suffering. The Buddha sometimes tells us what we lack through nature and people. Sometimes it hurts my heart, but by taking it in my heart with a sincere attitude, I can meet myself that I have never met.