9月 「行き合いの空」

Letter September "The Sky between the Season"

9月に入りました。皆さま、いかがお過ごしでしょうか。見上げれば、夏と秋、ふたつの季節が出合う「行き合いの空」が広がっていますね。季節のはざまにある、この時季特有の空が夕焼け色に染まる頃、どこからともなくあらわれた赤トンボが稲穂の上を舞う、長閑な里の景色に心癒やされております。トンボの古名は「秋津(あきつ)」。もしかしたら、秋という言の葉を名前に持つトンボたちが、私たちのもとへ秋を届けてくれるのかもしれません。


It's September. How are you all doing? If you look up, you can see the "sky of encounter" where the two seasons meet, summer and autumn. Around the time when the sky peculiar to this season, which is in the middle of the season, is dyed in the color of the sunset, the red dragonflies that appear out of nowhere dance over the rice ears, and the scenery of the quiet village is soothing. The old name of the dragonfly is "Akitsu". Perhaps the dragonflies, whose names are the leaves of the word autumn, will bring autumn to us.





今月の一言


お釈迦さまは、人間の思考を超えたものに関しては、

いっさいお答えにならなかった。

ただあるがままに、天地の道理にしたがって生きる。

これが大事なのだというのです。


昔の人がよく「お天道さまが見ているよ」と言ったように、

人ではなく天を意識し、大自然を意識して、

自分の行いや言動を慎むべし、ということであります。


塩沼亮潤 「幸いをいただきまして このひとときを大切に」より


[Monthly Word]

Buddha did not answer anything beyond human thinking. Is is important that just live yourself according to the reason of the universe. As people in the old days often said, "The sun is watching," it means that you should be conscious of the universe, not people, and be aware of nature, and refrain from your actions and actions.