日々の想い Vol.12

The way he looks vol.12


こんにちは、塩沼亮潤です。


私の好きなお坊さんに“良寛さん”という江戸時代のお坊さんがいます。


学校で習った訳ではありませんが、皆さんも一度はどこかで名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。


もちろん当時はネットもない、HPもありません。それでも江戸時代から令和まで、代々、おじいさんおばあさんから教えてもらったりして、いわゆる口コミで良寛さんの生き様が伝わってきているんですよね。これは凄いことだと思います。


良寛さんといえば、近所の子どもと遊んで童心をもっている穏やかなお坊さんというイメージがありますが、私もそんなお坊さんになりたいと思って日々を暮らしています。


良寛さんの有名なエピソードを一つご紹介しましょう。


ある日、良寛さんの元に実の弟の奥さんがやって来て、放蕩息子の息子・馬之助に説教してくれ、と頼まれます。


それを引き受けた良寛さんは実家に帰るのですが、何もしないまま一日が経ち、二日経ち…とうとう良寛さんが旅立つ日になってしまいます。弟夫婦は、息子を叱ってくれなかったことに肩を落としていました。


出発の準備をした良寛さんは、入り口に座って「馬之助や、私のわらじの紐を結んでくれるか?」と頼み、「はいはい」と馬之助がしゃがんでわらじの紐を結んでいると、馬之助の首筋に良寛さんの涙がつたってきました。


その瞬間、馬之助は自分のことを心から思ってくれる存在に気づいて、改心をして、そこから立派な青年になったといいます。


ルールや規則でがんじがらめにするのではなく、心から相手を思い続けるということが、いつか伝わり、人を変えていくことにつながっていくのではないかと思います。


Hello, this is Ryojun Shionuma.


One of my favorite monks is a monk from the Edo period called "Ryokan-san."


I didn't learn it at school, but I'm sure you've heard the name somewhere before.


Of course, at that time there was no internet and no HP. Even so, from the Edo period to the Reiwa era, Ryokan's way of life has been handed down through so-called word of mouth, taught by his grandfather and grandmother for generations. I think this is amazing.


The image of Ryokan is that of a gentle monk who plays with the children in the neighborhood and has a child's mind.


Let me introduce one of Ryokan's famous episodes.


One day, Ryokan's younger brother's wife came to ask him to preach to Umanosuke, the son of the prodigal son.


Ryokan accepts the request and returns to his parents' house. My younger brother and his wife were disappointed that they didn't scold their son.


Ryokan, who was preparing to leave, sat at the entrance and asked, "Umanosuke, can you tie the straw sandal for me?" When he was there, Ryokan's tears streamed down Umanosuke's neck.


At that moment, Umanosuke realized that someone truly cared about him, changed his mind, and became a splendid young man.


Rather than being bound by rules and regulations, I believe that one day we will be able to communicate that we continue to think of others from the bottom of our hearts, and this will lead to changes in people.