日々の想い Vol.4

The way he looks vol.4


こんにちは、塩沼亮潤です。


つい先日、弟弟子の中野順唱さんがお寺に遊びに来てくれたので、柿の木の剪定をお願いしました。


剪定中の順唱さんに「どういう枝を切るんですか?」と尋ねてみると、「下の枝は全部切り落とします。下向きに生えている枝からはいい実ができないんです」と教えてくれました。


それを聞いてハッと、柿も人間も一緒だなと気付いたんです。

人間だって、気持ちが下向きだと、いい結果は生まれないですよね。


さらに、柿の木の剪定には、摘蕾(てきらい)と言って、蕾をひとつひとつ間引いていく作業があります。そうしないと、ヘタの部分が大きくならないから大きな実がならない。ヘタが小さいものは、実がなるとポトンと落ちてしまうんです。


人間も、まず器を作ってから、大きい実をつけないと、すぐに落ちてしまいます。


柿の一年と人間の一生はすごく似ているということに気付いた出来事でした。



さて、早いもので今日は大晦日です。

2021年、どんな一年だったでしょうか。


私にとっては、さらに一段と肩の力が抜けた年でした。


若い頃は、経験値が少ない分、肩に力を入れて努力しなければならない時期でした。振り返ってみると、つらく苦しいことも「楽しい」と思って、自分でマインドをつくって努力をしていたような気がします。


ですが、今はいろいろな経験を積んだことで、講演や番組収録などの場面においても、自然体で「あぁ楽しいな」と思えるようになりました。一日一日、ひと時ひと時を楽しんで過ごせるようになったのです。

2022年も、さらに肩の力が抜けて、すべてを自然体で楽しめる一年になるのではと期待しています。


皆さんも、たとえポジティブに思えないことであっても、自分に暗示をかけてポジティブに捉えるところに、運勢が開いていきます。まずは意識して、ポジティブに考えるようにしてみてください。


肩の力は抜きつつ、気持ちは上向きで。


2022年が皆さんにとって楽しい一年となりますように。


Hello, this is Ryojun Shionuma.


Just the other day, a disciple, Junsho Nakano, came to visit the temple and asked me to prun the persimmon tree.


When I asked Mr. Junsho, who was pruning, "What kind of branch do you want to cut?", He told me, "I will cut off all the branches below. I can't produce good fruits from the branches that grow downward." I did.


When I heard that, I realized that both persimmons and humans are the same.

Even human beings can't get good results if their feelings are down.


In addition, pruning persimmon trees involves thinning out the buds one by one, which is called bud picking. Otherwise, the calyx part will not grow, so no big fruit will be produced. If the calyx is small, it will fall off when it bears fruit.


Humans also fall quickly unless they first make a vessel and then bear large fruits.


It was an event that I realized that the year of persimmon and the life of human beings are very similar.


*


Well, it's early and today is New Year's Eve.

What kind of year was 2021?


For me, it was a year when my shoulders were even more relaxed.


When I was young, I had to work hard on my shoulders because I had little experience. Looking back, I think that painful things are "fun", and I feel like I was trying to create my own mind.


However, now that I have gained a lot of experience, I have come to think that it is "ah, fun" in a natural way, even in situations such as lectures and program recording. I was able to enjoy my time day by day.


I hope that 2022 will be a year in which I can relax my shoulders and enjoy everything naturally.


Even if you don't seem to be positive, your fortune will open up where you can suggest yourself and take it positively. First, be conscious and try to think positively.


Feeling up while relaxing your shoulders.


May 2022 be a fun year for you.