1月 「つらら輝く」

Letter January "Shining icicles".


「つらら」は、なめらかを表す擬態語の「つらつら」が変化したものとか。

もとは平面に張った氷を指す言葉だったそうです。

昔は、つららのことを「垂氷(たるひ)」といいました。

水の滴りが凍って成長した立派なつららが慈眼寺にお目見えする冬。

太陽や月の光に照らされ、きらきらと輝くさまは壮観です。



〈今月の塩沼大阿闍梨の一言〉


人生にもその時々の流れがあります。その人生の流れの本流にのって逆らわず、また物事の本質を見極め、欲を出さず、悪いことをせずに、どんなときでも感謝をして生きる。

そうすると、本流ではない流れに流されず、自然な流れのままに人生を歩むことができるようになる。

これを運が開くというのではないでしょうか。


塩沼亮潤 「人生の歩き方」より



"Icicle" is a variation of the mimic word "icicle" that expresses smoothness. Originally, it was a word that refers to ice on a flat surface. In the old days, icicles were called "Taruhi".

Every winter, splendid icicles that have grown by freezing water drops appear at Jigenji Temple. It is spectacular to shine brightly in the light of the sun and moon.


[Monthly Word]

There is a flow of time in life. Do not go against the mainstream of the flow of life, identify the essence of things, do not be greedy, do not do bad things, and live with gratitude at all times. Then, you will be able to live your life in a natural way without being swept away by a non-mainstream flow.

Isn't this something that luck will open up?