11月 「虹」

Letter November "Rainbow".

そろそろ虹も姿を隠す頃です。お日さまの光も弱くなり、雨は雪へと変わっていきます。雨が降っても、夏のように大粒の雨ではありませんから、空に淡い虹がかかっても私たちは気づかずにいるのかもしれません。空に虹を見つけた瞬間、何かよいことがありそうな気がして、心華やぐ、ささやかな幸せともしばしお別れですね。慈眼寺にかかった虹を、皆さまの幸せ守りに。


― 今月の大阿闍梨のひと言 ―


たまたまご縁があり、わたしはお坊さんになりました。千日回峰行という行を行じてきました。四無行(しむぎょう)という行も行じました。そんなわたしの修行人生の根底になにがあったのか考えてみますと、みなさんのためにお役に立てる、そんな人間になりたい、という気持ちがあったように思います。純粋といえば純粋ですが、同時に、とても子どもっぽくて幼い願いかもしれません。しかし、それがほんとうに私の大きな夢でした。


塩沼亮潤 「春夏秋冬<自然に生きる>」より 


It's about time the rainbow disappears. The light of the sun will also weaken, and the rain will turn into snow. Even if it rains, it is not as heavy as in summer, so we may not be aware of the faint rainbow in the sky. The moment I found a rainbow in the sky, I felt that something good might happen, and it was a brilliant, modest happiness and goodbye for a while. To protect your happiness with the rainbow over Jigenji.


[Monthly Word]

I happened to have an edge and I became a priest. I went to the line called Sennichi Kaihogyo. I also went to a line called Shimugyo. When I think about what was at the root of my training life, I think I wanted to be a person who would be useful for everyone. Pure is pure, but at the same time, it may be a very childish and young wish. But that was really my big dream.