3月 「祈り」

Letter March "prayer"


東日本大震災発生から今日で11年を迎えました。


亡くなった尊い命を、あの日のことを思い、多くの人が祈りを捧げるでしょう。


2011年の春、津波被害にあいながらも東北の桜は花をほころばせ、春の訪れを告げました。


今はまだ花のない桜の木は一刻も休むことなく命の営みを続け、今年も美しい花を咲かせるでしょう。


すべての悲しみに希望の春が訪れますように。



〈今月の塩沼大阿闍梨の一言〉


瀬戸内海を旅した時のことです。


港の岸に立っているおじいさんが、おてんとうさまに向かって、一心に手を合わせているお姿を拝したときに、その光景は、私の心の教科書の一ページになりました。


昔から変わることのない素朴な信仰心は、人の心を揺り動かす大きな力に満ちています。


私はあの日のおじいさんの祈る姿を生涯忘れないでしょう。 


塩沼亮潤 「寄りそう心」より




It has been 11 years since the Great East Japan Earthquake struck.


Many people will pray for the precious life that died, thinking of that day.


In the spring of 2011, the cherry blossoms in Tohoku burst into bloom despite the damage caused by the tsunami, signaling the arrival of spring.


The cherry blossom trees, which have no flowers now, will continue to live their lives without rest, and will bloom beautiful flowers this year as well.


May the spring of hope come to all sorrows.


[Monthly Word]


It was when I traveled to the Seto Inland Sea.


When the old man standing on the shore of the harbor worshiped his hands together toward the sun, the scene became one page of my heart's textbook.


The simple faith that has not changed since ancient times is full of great power that shakes people's hearts.


I will never forget the prayer of the old man that day.