9月 「秋の桜」

Letter September "Autumn cherry blossoms"


そよそよと風にそよぐ秋桜の花をみかけました。


たくさんの花が群がって咲く様子が、桜に似ていることから秋の桜と書いて「コスモス」と読ませるようになったそうです。


可憐な花はたとえ嵐にあって倒れても茎から立ち上がり、再び空に向かって花笑むたくましさを秘めています。


春の桜のように、秋の桜もゆっくりと眺めてみませんか。



― 今月の大阿闍梨のひと言 ―


野に咲く一輪の花は、自分と同じように山のなかで雨や風にもまれながら、どんなに厳しい環境のなかでも人の心をなごませるきれいな花を咲かせていました。


それに対し自分は、周りの人にとってどんな存在であっただろうかと、あらためてかえりみました。


次々におとずれる試練に対し、ただそれに負けないようにという強さばかりで、大自然という、嘘いつわりのない、ありのままの真実の素晴らしさを感じとるというゆとりがなかったことに気がつきました。


塩沼亮潤 「人生の歩き方」より



I saw cosmos gently swaying in the wind.


It seems that the appearance of many flowers blooming in clusters resembles cherry blossoms, so it is said that "Autumn cherry blossoms" is read as "Cosmos"


Pretty flowers have the strength to stand up from their stems and smile at the sky again even if they fall down in a storm.


Just like the cherry blossoms in spring, why not enjoy the cherry blossoms in autumn as well?



[ Monthly Word ]


A single flower blooming in the field, like me, suffered from the rain and wind in the mountains, but even in the harshest of circumstances, it bloomed beautifully to comfort the hearts of people.


On the other hand, I once again reflected on what kind of existence I was to the people around me.


I realized that I was just trying not to give in to the trials that came one after another, and that I didn't have the leeway to feel the true beauty of Mother Nature.