top of page
Goma Shuho
護摩修法
願いの書かれた護摩木を投じて御祈祷する護摩修法。火は仏の知恵を象徴し、人間の煩悩を滅却する意味合いがあるといわれています。古来から伝わる護摩修法において、様々に迷える私たちの心が良き方向に向くことにより、良き人生がもたらされるという意味があります。
Goma fire ceremony is a method of praying by throwing a goma tree with a wish written on it. In the Goma Shuho, we set a fire to burn wooden sticks which include our prayers in front of the Buddha. The fire symbolizes the wisdom of the Buddha and the wooden sticks symbolize human desires. In this ritual, the Buddha burns away the root of our suffering as we pray for our wishes to come true.
開催日程
特別祈祷申込・護摩木
概要はこちら
Event Schedule

7月21日(日)の護摩参拝席は、7月1日(月)午前10時より受付を開始いたします。ご予約のない方も本堂モニター席にて当日ご参拝いただけます。

特別祈祷をご希望の方は、下記のWEB申し込みフォーム、

またはFAX・郵送にてお申し込みください。

〒982-0244 宮城県仙台市太白区秋保町馬場字滝原89-2

FAX : 022-399-5222

bottom of page