塩沼亮潤 大阿闍梨基金 創設のお知らせ

Announcement of the establishment of Ryojun Shionuma Dai Ajari Foundation

「塩沼亮潤 大阿闍梨基金〜ともに寄り添うプラットフォーム〜」を昨年末に創設いたしました。


厳しい暮らしに直面している子どもや生活困窮者をケア、支援する非営利団体などに対して資金支援を行う予定です。なお、当基金では共鳴・共感いただける皆様からの“共感”寄付も募集しております。


(当基金の運営・管理は公益財団法人パブリックリソース財団に委託しております)


*塩沼亮潤大阿闍梨からのメッセージ*


現代の日本においても、ご飯を食べるのが困難な子どもたちがいることを知り、お坊さんとして自分が何か世の中にできることがあればと、この基金を立ち上げました。


私も小さい頃、ご飯が食べられず大変な時期がありました。そのとき、周囲の人々がご飯を持ってきてくれて助けられたから今日の自分がいます。基金での活動は、そのご恩返しの第一歩だと考えています。


長いようで短い人生、大きいようで小さな地球です。このコミュニティの中で皆が助け合い、喜びを分かち合う、そんな社会になることを願っています。


・塩沼亮潤大阿闍梨基金ページ(外部サイトへ遷移します)


・基金設立のプレスリリースはこちらから(外部サイトへ遷移します)



"Ryojun Shionuma Dai Ajari Foundation-Platform to be close to each other-" was established at the end of last year.


We plan to provide financial support to non-profit organizations that care for and support children and people in need of living who are facing difficult lives. The fund is also looking for "sympathy" donations from everyone who resonate and sympathize.


(The operation and management of this fund is outsourced to the Public Resources Foundation)


* Message from Ryojun Shionuma Dai Ajari *


I learned that there are children who have difficulty eating food even in modern Japan, and I started this fund if I could do something in the world as a monk.


When I was little, there was a time when I was having trouble with my daily meal.At that time, the people around me brought me rice and helped me. We believe that activities at the fund are the first step in giving back.


A long and short life, a big and small earth. I hope we can create a society where everyone can help each other and share their joy in this community.