10月 「安らぎの香り」

Letter October "Scent of peace"


秋の光に包まれた里の風景。


紅葉の季節を迎えるまでそこに華やかさはありませんが、故郷にも似た温かさがあります。


慈眼寺の境内では一年を通して朝から夕方まで火を焚いております。


それは、たとえ一生に一度しか慈眼寺を訪れることがなくても、記憶に残るお土産をという大阿闍梨のおもてなし。


秋保の里で、安らぎの香りを焚いてお待ちしております。



― 今月の大阿闍梨のひと言 ―


人間は、やさしいことばを投げかけると、やさしいことばが返ってきます。


思いやりを会うひとりひとりに与えていると、その思いやりがまためぐりめぐって戻ってくる。


これがひととしてのほんとうの生きるよろこびだと思います。


塩沼亮潤 「春歌秋冬<自然>に生きる」より



The scenery of the village wrapped in autumn light.


There is no glamor there until the season of autumn leaves, but there is a warmth similar to hometown.


Fires are lit in the precincts of Jigenji Temple from morning to evening throughout the year.


Even if you only visit Jigenji once in your life, it is the hospitality from Daiajari that will leave you with a memorable souvenir.


We are waiting for you with the scent of peace in Akiu village.



[ Monthly Word ]


When humans throw kind words, kind words come back.


If you give compassion to each person you meet, that compassion will come back to you.


I believe that this is the true joy of living as a person.