10月 「鳥のように」

Letter October "Like a bird"


北の国から初霜の便りも届く頃となりました。


早朝の空気は凜と音がしそうなほど澄み渡り、息を吸い込むたび、その清らかさに心も体も洗われる気がします。


ある日の早朝、秋保の里で出合った光景。それは、心が震えるほど美しい瞬間でした。



― 今月の大阿闍梨のひと言 ―


わたしはじぶんのこころが、天高く自由に飛びまわる鳥のように、もっと清らかに、もっと自由にならないといけないと思っていますから、じぶんじしんの気持ちをかえりみることが大好きです。


一日の終わりには、今日はどういうところが悪かったかを点検して反省し、もっとやさしさを表現し、みなさまのこころへつたえるにはどうしたらいいかなどと考えます。


毎日が試行錯誤です。



塩沼亮潤 「春歌秋冬<自然>に生きる」より



The time has come for news of the first frost to arrive from the northern country.


The air in the early morning is so clear that you can almost hear the sound of silence , and every time you breathe in, it feels like your mind and body are cleansed.


One day, early in the morning, I met a scene in Akiu. It was a heartbreakingly beautiful moment.


[ Monthly Word ]


I love to reflect on my own feelings because I believe that my heart needs to become more pure and free, like a bird soaring freely in the sky.


At the end of the day, I check and reflect on what went wrong today, and think about what I can do to express more kindness and reach everyone's hearts.


Every day is trial and error.