6月 「心のゆとり」

Letter June "Having a space in your heart"


旧暦の季節に合わせた「和風月名」という月の呼び名があります。


6月は「水無月(みなづき)」。


「無」の文字は「の」を意味するといわれ、田んぼに再び水を引く月という意味で「水無月」と呼ばれるとか。


秋保は田園風景が広がる自然豊かな地。故郷にも似た懐かしさを感じる方も多いようで、皆さんほっと安らいだ表情を見せてくださいます。


慈眼寺にお越しの際は、車やバスの車窓から秋保の長閑な風景もご堪能ください。


― 今月の大阿闍梨のひと言 ―


大きな夢や目標に立ち向かっていくときこそ、心が豊かであり、潤っていなければなりません。その心のゆとりがあってはじめて、ものごとが成就いたします。


どんなに困難をかかえているときでも、常に明るく、軽やかに、そして、のびのびとした心でいることです。それが、自分と皆さんの心の幸せにつながることであると思います。


塩沼亮潤 「人生の歩き方」より




There are monthly names called "Japanese-style month name" that matches the season of the lunar calendar.


June is "Minazuki".


The word "na" is said to mean "of", and it is called "Minazuki (month of water)" to mean the month that draws water into the rice fields again.


Akiu is a land rich in nature with a vast rural landscape. It seems that many people feel nostalgia similar to their hometown, and everyone shows a relieved expression.


When you come to Jigenji, please enjoy the quiet scenery of Akiu from the window of your car or bus.



[Monthly Word]


When you face big dreams and goals, your heart must be rich and moisturized. Things will only be fulfilled if there is room in the mind.


Always be bright, light, and relaxed, no matter how difficult you may be. I think that will lead to the happiness of yourself and your heart.