6月 「有限の財産」

Letter June "Limited property"


気がつけば6月に入りました。一年も折り返しですね。


一年365日、過ぎた時間を意識してみると、時間というものは有限の財産だと気づかされます。


私たちの命も一緒です。有限の財産。


秋保ではこれから紫陽花の花が命を輝かせ、雨が降ればより一層艶やかな美しさを見せてくれるでしょう。



― 今月の大阿闍梨のひと言 ―


二十三歳から三十二歳までの十年間は、一年の三分の一を大自然の山の中に身をおいて、修行に明け暮れました。


誰もいない山奥では話す相手もなく、困難な状況に追い込まれても助けてくれる人もいません。大自然の中ですから、怪我や病気になっても、山を歩く四ヶ月間は病院にも行けません。


そういう生活をしていると、生きているのではなく、生かされているのだという気持ちになってきます。


朝、目を覚まし、呼吸をしていることに感謝の心が生まれ、この世に存在しているだけでもありがたいという気持ちでいっぱいになります。


塩沼亮潤 「寄りそう心」より


It's June. It's a turning point for a year.


When I think about the time that has passed 365 days a year, I realize that time is a finite asset.


Our lives are the same. Limited property.


In Akiu, hydrangea flowers will shine, and if it rains, they will show even more glamorous beauty.



[Monthly Word]


During the ten years from the age of twenty-three to the age of thirty-two, one-third of the year was spent in the mountains of nature and devoted to training.


In the mountains where no one is there, there is no one to talk to, and no one can help you in difficult situations. Because it is in the wilderness, even if you get injured or sick, you cannot go to the hospital for four months walking in the mountains.


When I live like that, I feel like I'm alive by something, not alive.


In the morning, I am grateful to be awake and breathing, and I am filled with the feeling of gratitude for being in this world.