_DSC0391.jpg
jigenji_moji.png
Jigenji Temple
Sendai
jigenji_gray1-2.png

みみずプロジェクト

Mimizu Project

mimizu.png

今、このような世の中で改めて自分にできることは何か、と考えたところ、ふと、大峯千日回峰行での出来事が思い出されました。

修行の最中、真夏にアスファルトの上で死にかけているみみずを見つけるたび、

携えているわずかな水をかけて、そっと土にかえしていました。

ただ目の前の命を助けたいと無意識にとった行動でしたが、今も自分のやるべきことは変わらないと気づきました。

この世界に生をいただいた一人の人間として、

自分にできることを精一杯、行動にうつしてまいります。

慈眼寺 住職 塩沼亮潤

What can I do in such a situation all over the world now? When I thought about it, I suddenly remembered what happened at Omine Sennichi Kaihogyo. Every time I find a dying worm on the asphalt in the middle of summer during my training, I sprinkled a little water on it, and gently returned it to the soil. It was just an unconscious action to save the life in front of me, I realized that what I had to do was still the same. As a human being who was born in this world, I will do my best to do what I can.

活動の仕組み

Flow of Activities

塩沼亮潤個人の寄付活動

講演料、出演料など
​一部経費を除いた全額

Donation from RyoJun Shionuma

yajirushi.png

慈善団体への寄付

Remuneration Obtained from Lecture Fees, Performance Fees, etc.

Donation to Charity

塩沼亮潤大阿闍梨基金

みなさまからのご寄付
​慈眼寺グッズの売上の一部など

RyoJun Shionuma Daiajari Fund

Donation from everyone, and from a Part of the Sales of Jigenji Temple

yajirushi.png

全国の子ども食堂など
​子どもの未来への援助

Aid for Children's Future,
Children's Cafeterias, etc.

Results of Activities

これまでの活動

RyoJun Shionuma Daiajari Fund

普段私たちはいかに幸せでしょう、
ご飯も食べることのできない人が世界にどれほどいるでしょう。

 

世の中には、貧しさ、家庭の事情、災害など自分自身では選び取れない運命の中で、厳しい暮らしを余儀なくされている子どもや人々が現実に存在しています。そうした一人ひとりにも、夢があるはずです。その人生を下支えする助けとするために、「塩沼亮潤 大阿闍梨基金~ともに寄り添うプラットフォーム」を創設しました。

 

当面は、生活困窮状態や自然災害による被災などの厳しい暮らしに直面している子どもや人々をケアしている非営利団体に対して助成金を支給します。

※公益財団法人パブリックリソース財団に管理を委託しております。

DSC_4259.jpg

How happy we are usually, how many people in the world can't even eat anything. There are children and people in the world who are forced to live in a difficult situation due to poverty, family circumstances, disasters, and other destinies that they cannot choose for themselves. Each of them should have a dream. In order to help that life, we have established "Ryojun Shionuma Daiajari Foundation-Platform to snuggle up with". For the time being, we will provide subsidies to non-profit organizations that care for children and people who are facing difficult lives such as poor living conditions and damage caused by natural disasters.
* Management is outsourced to the Public Resources Foundation.

フードバンク仙台

Food Bank Sendai

地元・仙台のtbcラジオ『塩沼亮潤・バクコメのぼちぼちがんばるDAY』の出演料を「フードバンク仙台」に寄付いたしました。

「フードバンク仙台」は、生活にお困りの個人や支援団体に無償で食料をお届けし、生活の困りごとを解決できるよう必要な情報提供や支援機関にお繋ぎする、市民共助によるセーフティーネットです。(フードバンク仙台HPより抜粋)

RyoJun Shionuma and Bakukome visited "Food Bank Sendai" and made a donation from tbc radio "RyoJun Shionuma / Bakukome no Bochibochi Ganbaru DAY". "Food Bank Sendai" is a safety net provided by citizens that provides food to individuals and support groups who have problems in their daily lives free of charge, and connects them to necessary information and support organizations so that they can solve their problems in their daily lives. (Excerpt from Food Bank Sendai HP)

IMG_7108.jpg

慈眼寺の札所には「フードバンク仙台」の食品回収ボックスを設置いたしました。ご家庭や職場で眠っている食料品をぜひご提供ください。

賞味期限まで1ヶ月以上ある、生もの以外の常温保存可能な食品をお願いいたします。(例:缶詰、米、インスタント麺、乾麺、レトルト食品ほか)

We have set up a food collection box for "Food Bank Sendai" at the Fudasho of Jigenji Temple (on the right side facing the main hall). Please bring foodsthat can be stored at room temperature for at least one month before the expiration date. (Example. Canned food, rice, instant noodles, dried noodles, retort foods, etc.)

IMG_7538.jpg